忍者ブログ

[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


観にいこうか悩んでいた矢先、妹が観にいくというので、ついていく。

ということで
朝一で新宿バルト9へ  攻殻機動隊S.A.C Solid State Society 3D  を観にいく。
この回は、神山健治監督と石井朋彦Pの舞台挨拶+神山監督最新作のXi AVANTも同時上映(世界初だとか)

誰か一緒に観にいく人間いないのかよと言われたけれども、攻殻でぱっと思いつく人間が、duluduluの雲海くんしかいない上に、現在ツアー中ということで、断念。

結構ギリギリに会場入りしたので、わからなかったけれど、結構な混雑ぶり。席は満席。



タチコマ(実寸)以外と小さい!


こんなとこにもタチコマ


マスコミのカメラがスタンバるなか、舞台挨拶。
まず、石井Pが挨拶。続いて神山監督が登場。
主な内容は、Xi Avantの内容と、SSS3D好調の感謝を述べられてました。
Xi Avantは、上映が今日まで延期された理由など。
スケジュール上、震災の翌日になってしまったアフレコでは、日本人の役者さんは、交通混乱などの震災の影響にもかかわらず、全員集まったとか。
すげえ。
ほんとギリギリまでつくってたんだなあ。

Xi Avantは3分ほどの短編アニメで、携帯電話という端末を中心に、近い未来を描いた、尺の長いCMという感じ。言い方悪いけど。
雰囲気的には東のエデン。と言い切っちゃうと色々問題があるけれど、あの世界のパーツを上手く利用したPVっていうのがいいのかな。

短い尺のなか、結構な情報が詰め込まれてて、あっという間に終わったという気持ちはしなかった。
何回か観たいす。


で、本編、SSS3D。
過去にでたOVA等で内容は既出なので、ネタバレ云々は、あまり意味ないっつうことで、3Dと新作OPの感想。
実際、2Dの3D映像というのは、今回初めて鑑賞したんだけど、キャラ単体だけをみると、やはりちょっときついと思った。
背景、電脳画面、そしてキャラが、画面に混在するようなカットは、観ていてばっちしで、わーい。なのだけど、やはり、2Dキャラのアップとなると、立体の処理がどうしても目立って、気になっちゃう。

2Dの絵を、3D(風に)で立体に処理することってのは、
一枚の紙に描いた絵を部位別に切り離し、適切な距離を設定して、奥行き情報を付与しなければいけない。
交差法や、並行法などの、立体視画像をつくったことがある人なら、わかるとおもうけど。

b.jpg
こういう感じのやつ。

あんまり、露骨にやると、違和感ばりばりで、マイナスになるし、控えめすぎても、2Dの絵だと効果がかなり薄くなっちゃう。
あらかじめ、距離ごとに適切な値を設けないと、厳しい。
しかもそれをアニメでやってんだから、ごいす。

違和があるとはいっても、カットや、画面の構成の良さから、頻繁にそういった場面があるわけでもなく普通に驚き楽しめた。立体であることを効果的につかったカットもあって、無理やり3Dにしましたっていう感触もなかったし。
そのほかの、電脳シーン。ハックシーンなどのCGパートは、すばらしい飛び出しっぷりだった。
なんといっても、立体で電脳がばーんと展開して、荒巻課長がでてきたら、そりゃテンションあがるよ。
狙撃対決も何度も観てるのに、興奮度がばーんだよ。

今思えば、押井さんの推し広めた、レイアウトシステムは、2Dを3Dにするに作業に関しても、円滑に進められるよね。多分。


そして、新作のOPだけど、これは、一見の価値あり。
前回のOPもあれはあれで好きだけど、新作は完全に3Dを前提にしたようなつくりで、少佐の美しさがはんぱない。

攻殻という作品自体、一度では、完全消化し難い傾向があるので、DVDでみたからといって、面倒がらず、少しでも、興味があれば、攻殻という世界との再会と銘打って観に行ってもよろしいんじゃないかと思う。

なによりも、この作品は、アニメ映画という業界で、小さくない試みが、なされているらしいので、この攻殻機動隊S.A.C Solid State Society 3D(なげえよ! 石井Pも噛みまくってたし)を起点に、変化が起こるかもしれないすよ。


くわしくはここに
特殊映像ラボラトリー第30回 「攻殻機動隊S.A.C. SSS 3D」自主配給に乗り出すIG





チケットロビーにてテンション上がって撮ってもらた。


寄付も幾許かできた。



あと、すっごい関係ないけど、昼食を店でとってたら、ホールに俺含めて、3人のドロヘドロの服きてる人がいた。
キクラゲロンT、能井パーカー、空腹虫T。なんというシンクロニシティ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ミアツカアキタ , miakka_SS

おもしろそうなことを探しては摘んでいます。
音楽、イラスト、ゲーム、妄想、孤独。
基本ダウナー。底辺単機ホバー走行。
現在オニギリワークスというサークルで色々やらせてもらってます。

悪さをせず、多くを求めず、林の中の象のように孤独に歩め

サークルページだよ

淡々と暇を垂れ流し中
(喋りません)

by lonsdaleite
忍者ブログ [PR]