忍者ブログ

[364]  [338]  [363]  [362]  [361]  [360]  [359]  [358]  [357
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



このたび、Z完成したので、その過程を少々。
正直色々余裕がなかったので、写真は少なめ。


仮組みしたパーツを、バラしてちょいちょい手を加えていく。
段差モールドを削ったり難易度の軽いものに限定して失敗しない程度に。

調子に乗って、スカートのフロント部にモールドを入れようとしたけど、悉く失敗し、パテを買いにいく羽目になったりで色々難儀した。

とまあ、とにかく色々、したようなしなかったような気がするけど。

塗装へ。





乾燥待ちの洗浄パーツたち。
正直面倒だとは思ったけれど、手汗が尋常ではないのでやるほかない。





サフ吹き。
不安だった自作塗装ブースもそれなりに機能してくれたので良。
ただし、ファンに設置している換気フィルターを逐一交換しないと、すぐ吸い込みがしんでしまうので、結構手間。
簡単に交換できるような改造が必要かも。




バーニア吹き
成形色を利用しようと、外側だけ、余ってたグリスブラックで塗装。
両面テープにバーニアをくっつけマスキング。




手抜き臭がするが構わず。





全体的にオリーブに。
2,3回に分けて吹いて組んだのがこれ。


MGを甘く見ていたのか、スプレー2缶くらいあればいけると思っていたのだけど
結局、このオリーブだけで、4缶は消費した。
しかもケチってこれ。
実際は、ところどころ吹き足りないところもあり、あと一缶は必要であった。

変形機構の関係で、臆してパーツをひとつずつ塗装することにしていたので、この消費になってしまった。
もっと、仮組みの段階で綿密に計画立てていれば、避けられたかも。




地獄のデカール貼り作業。

塗装で表面が梨地になっていたので、デカールが定着するか不安になり、マークセッターとソフターをスクランブルダッシュで買いに行った。

基本的に大きいデカールや、段差貼りがなかったので、結果として大分部分はセッターだけで事足りた印象。




手首の外装パーツ。
米粒半分にも満たないデカールをせっせと貼っていく。

苦行なのだけど、手軽にリアルさを味わうことができて、手間に見合った結果はしっかり得られると思う。失敗しなければ…。


子供の頃の夢で一度はデカールだらけの機体を作りたかったので妥協なしで計20時間ほどを費やす。
長かった。ひたすら長かった。

感想としては、想像力がないと難しい作業だと思う。
実際、貼る時間よりも、位置決めを考えている時間のほうが圧倒的に多かった。

貼った後も、剥がれるんじゃないか、シルバリングを起こすのではないかと
気が気でなかったが、今のところ大丈夫そうである。




貼り終えたあとは、ひとしきり、パーツに愛着が湧く気がする。






デカールを終えて、つや消し待ちのパーツ群。

作業の段階を経ていく毎にのっかる緊張感も増えていき、正直このあたりで放っぽりたくなっていた。


果たして完成はできるのか!?(適当)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

ミアツカアキタ , miakka_SS

おもしろそうなことを探しては摘んでいます。
音楽、イラスト、ゲーム、妄想、孤独。
基本ダウナー。底辺単機ホバー走行。
現在オニギリワークスというサークルで色々やらせてもらってます。

悪さをせず、多くを求めず、林の中の象のように孤独に歩め

サークルページだよ

淡々と暇を垂れ流し中
(喋りません)

by lonsdaleite
忍者ブログ [PR]